BLOG

16日以来、言葉(現象、知覚など)を超えた世界の探究。昨日、今日あたりからは、グッと言葉、現実の世界へ、還ってくる。 経理など、事務作業など。ある意味、超現実。笑。 すこし、あいまいなところもあるけれど、その足あとを少し、辿る。👣


6の日

入り口 衝動 出口 普遍
入り口 普遍 出口 新しさ
(微生物界において)嫌気性が、世界の始まり

〇〇は そのままの 〇〇で
ハローマイフレンド
ずーっと風
からみあって、ほどける
すばらしい夜。愛する友人たち。
ありがとう😊❤️


7の日

よく寝た。
夕方から、友人家族の愛娘ちゃんが志望してた高校に合格、やった!とついでに、笑、自分のお誕生日もお祝いしていただいた。ゆったりくつろぎ、しあわせな食卓。ひところして、隣町の温泉。冬の嵐で、たまに雪がちらつくけれど、モアモアとすごい湯けむりのなか露天風呂。元気いっぱいの天使みたいな子が、水遊びで大忙しだった。笑。至福の夜。


8の日。

突き進むもの。行動と祈る想い。到着。
琴線に触れる言葉
やすらぎに満ちた機敏さ



9の日。

純粋意識に向かう(還る)音 
口ではなく、胸のなかで、唱える


0の日。

深いやすらぎを得ている
ひだひだののなかにある、精妙な波動と同調している(これは、別の世界に行くのか、それとも、ここにいながら含みこむのか)

別の世界は (顕在、潜在)意識の奥底、あるいは、(認識を)超えた世界 

想念の源か 顕在意識のイメージか
キリスト 黄色い 光 手渡すもの
ミツバチ の 黄色い玉
想念≒雑念は ストレスの解放

チヂフギ 
チヂは頭頂、フギは穴をあけるほどの意。直訳すると頭頂に穴を穿つということ。 久高島の神職者、ティンユタの頭頂が混沌霊・秩序霊の依代として機能せず頭頂が閉じた状態であるのを本来の開いた状態にする、という意。 比嘉康雄著『日本人の魂の原郷 沖縄久高島』より

ひとまず、0の日まで。今日は、5の日。明日は、1,2,3,4で、5で、6に追いつく。物理を超えてみたい。超えてみよう。概念がすべて消えて、まあたらしいところへ。大元の泉へ。到着する。

みなさま、よきすべてを〜😌❤️
3の日。

午前に、ライオンの山へ。(絵の笑)アオスジアゲハ。飛んでいると思っていたけれど、葉にとまっているのかな。薄く重なってあらわれてくるもの。初期の衝動。はじまりから、強く濃くあるもの。いろいろな固有性、のあつまり。いろいろな時間、の堆積。いろいろな場所、の記憶。みんな愛おしい。
午後から、事務作業。なんでも、とっかかりに深く向きあうものがある。かな。土台ができれば、ほどほど、と進んでく。かな笑。まだ、時間はある。笑。使っていなかった脳のウォーミングアップをしながら、進んできます。😆💫

何かのメッセージ笑
やってみたら、やってける。


4の日。

ターシャテューダーについて、美しい言葉。
自分の手で喜びを紡ぎ出す

浄化、昇華、消化の日。朝、洗濯、掃除、うんちに微生物を投入。空気を好む、好気性の微生物活性のために、刈って枯れて取っておいた棒で、水をぐるぐる混ぜる。ちょっと、アラレちゃんを思い出す。笑。根源的なところだなあ。すでに、においは、あまりしない。一層、発酵が進んでいくように。地球の循環に、再び、還りますように。😌💓


今日。5の日。午前に、ライオンの山。背景となる木々。(世界とつながる)裏山。背景にある空気。を、薄く薄く。かさなるもの。木々の茶色が、地面と空をつなぐもの。明日は、水色を描くかしら。遠くにあるものは、青い。クリシュナ。インドの青いからだの神さまたち。

夕方から、展覧会中から、どうしてもつくりたかった、新芽のよもぎで、フーチバージューシー(沖縄のよもぎ炊き込みご飯)を、ようやくつくる。笑。すごく満足。笑。隣町で育ったおいしいお米をいただいていたので、それで。米四合の加減が、塩梅すぎて、少し味は薄いけれど。笑。お世話になるご近所さんかたに、お渡しした。代わりに、いろんなおかずや、原木しいたけなどいただいて、感謝感謝の毎日です🌟

創作メモ
すべてのひと粒一粒が愛の滴

みなさま、ステキな明日を〜🥰💫
今日は、2の日だけれど、旧正月で、一年の大新月。ひさしぶりに、二つとなりくらいの集落の砂浜へ行った。いつも、心のすべてを解き放ってくれるような自分の魂の場所。聖地。笑。 いつものように、新しいヴィジョンをもたらしてくれる。これからの指針。海の漂着物も、山に落ちているゴミも、みんな宝物。心に溜まってしまった埃だって、光をあてれば輝きだす砂。すべてがよろこびの原動力。みんなともだち、万倍パワー。

アトリエに戻り、絵を包んで、納品。山を越えた町でつくられたおいしい日本酒をいただき、感謝。 

ここ最近は、生態のこと、自然の循環のことを暮らしのなかでも、精神のうえでも、考え、感じて過ごしていて、ようやく、今日は、うんちとの向き合いが始まった。暮らしのなかで、自然農のなかで、どう、うんちやおしっこ、野菜や果物の残り、お茶がらや、落ち葉などを生かすか思案していたが、ひとまず、微生物のちからを借りて、どうやっていけるかを始める。終わりと向き合うことは、始まりとつながっていて、すごくワクワクする。

夕方から、そのための資材の調達と、前から植えたいと思ってた柑橘の植木、金柑、スダチ、カボスを、畑を一緒にしている友人とともに購入。今日は、空と天気も、風も穏やかで、本当にしみじみ平和な旧正月。大いなる始まりが、これからの美しい未来を予感させてくれる。すべてに感謝。

結局、絵のライオンの山は行けなかったけれど笑、柑橘を植える場所を探すために、本当の山のなかに入ったので、これを絵に生かそう。笑。


よい言葉のメモ😘📝

自分のカップを、感謝、許し、喜び、いい言葉、親切さ、やさしさ、ほかのひとたちへの愛で満たすこと 

明晰な思考、純粋な心、誠実な行動

自分自身とくつろぐ 周りの人々とくつろぐ

シュリ・ラビ・シャンカール


みなさま、ステキな明日を!🦁❤️

今日は、1の日で、はじまりの日で、創作意欲は満々だったけれども、たまってしまった事務作業と、モリモリ向きあった。笑。 

一枚、納品するための作品を木枠に留める。すごく、おさまる感じ。画布に、張りが生まれるからか。パンッと張られた布の美しさ。ストンと落ち着く。お家に帰り着いたような。うつわとお水。

明日は、ライオンの山に、入ろう。その風景を、
眺めて、みえるものを、描こう。🦁❣️
さきほど、思いのたけを書ききった!と思った今日の日記を、ボタンを間違えて押して、書ききった直後に、消してしまった。笑 最大のリフレッシュについて、書いたけれど、ほんとに、最大のリセット。笑
気を取り直して。あきらめない。笑。

昨日で、元旦から走ってきたある地点にたどり着いて、今日は、全力でリフレッシュ。集中を深める期間を過ごすなかで生まれるサイクルとリズムも、とても心地よい。それに加えて、たまのたまに訪れる最大の解放。これが、つぎの大いなる螺旋へと飛躍を存分に生み出す。
夕方から近所の友人と、待ちに待った、畑のじゃがいもを掘り起こす。白く美しいものが、想像よりもずっと浅い土のなかから、たくさん出てきた。こんなに嬉しいものかと踊る想いで友人宅へ持ち帰り、友人家族と、蒸したじゃかいもを食べた。胸に満ち足りてく味わい。それに、スズキの鍋も、用意していてくれて、これが心底おいしい。つけあわせの新ワカメの歯触りも抜群で、心からリラックスした時を過ごす。その後、近所の温泉へ行き、露天風呂でたくさんおしゃべりをして、心身のすべてが解き放たれました。
人生のなかに、ほんとにたまにでも、こんな一日が訪れることに、深い感謝です。

みなさま、ステキな明日を〜😘❤️

という時間の投稿ではなくなってしまったけれど!笑。🌞👀🌝🌟

先日は、川棚コルトーホールでの展覧会にお越しのみなさま、まことにありがとうございます! ホールのスタッフの方々、街づくり会のみなさま、一緒に展示した作家のみなさま、搬出入を手伝ってくださった、友人、みなさま!心より感謝いたします! 
自分は小さい頃から、転校っ子で、あまり地元という意識を強く持ったことがなく、かわりに、どの地域にも、そこにある風土の美しさや、人柄を愛おしく感じて生きてきた気がします。
今回の展覧会では、大家さんや、お向かいさん、同じ自治会のみなさんなど、たくさんのご近所さんにお越しいただいて、なにか、同じ中学校の同級生や、その親御さん、親戚みたいな笑、昔どこかで感じたような懐かしい気持ちが、たくさん湧きました。
地域と芸術。そこで暮らすこと、営みのなかから感じる数々のこと。色々な学びを、これからも、ここの水や風、風土と、ここに暮らす方々のなかで、積み重ねていけらたらなあと深く感じます。
本日も、こちら、すこし風はありますが、暖かい陽気に包まれています!みなさまも、どうぞステキな毎日をお過ごしくださ〜い!ではでは、また〜!😊🌟❤️
パタパタとして、3日分もたまってしまった!時はかけ足だけれど、一瞬一瞬、まなんで、磨いて。歩いてこう🐵💞


6の日の+

メモ📝

一番深いところの、意識と本質

夢のメモ
心底、ありのままに、生きる
美しい青年
美しい永遠の友情


7の日

展覧会二日目 会場へ向かう車のなかで、尾形乾山のうつわについて。朝から徐々に、来場者が増え、昼過ぎからは、たくさんの方々が来られた。ライブペイントならぬ、もう少しゆるいライフペイントをしようと考えていたけれど、実際描けた時間は、全部で、20分くらいかしら。笑。それでも、一匹の蝶、アオスジアゲハの原型は、描けた。初夏の頃から、盛夏にかけて、この辺りを、青空と呼応しながら、ひらひら舞う。ひとつの絵に、いろいろな場所の記憶が、共存する。絵は旅をする。この自由の絵には、何がいてもいい。 あっという間に、展覧会の終了時間は近づき、今回も、訪れていただいたみなさまに、感謝。そして、搬出入を手伝ってくれた友人にも、一層、深い感謝です。みなさま、ありがとう。


8の日

メモ📝

自分の旅先は 住んでる山
ここに、すべてがある
6で、反転して、転じて、7で積み上げていく
陰陽和合させてゆく
仕事に積み重ねていく
真実のことば こころやからだを超え魂の声∞靈
(徹底的 性 衝動 創造性 還る)
すべてが、神さまからのプレゼント
たんたんと 仕事しよう 
想いのままに そのままに やってみる
許し 特に ちからは いらない
すべて、冗談。
どの側面をみるか いいとこをみたらいい

納品日記🚚

今日は、お昼から、下関の街に、納品へ。友人の木工作家さんと一緒に、納品する。お昼のお食事を準備してくださっていて、30年近くスペインに住んでおられたので、スペイン家庭料理にちなんだ、とてもおいしい昼食でした。ご馳走さまです。思わず、ビールをいただき、展示終了で気が抜けていたせいか、あっという間に、意識があちら側に行ってしまいましたが笑、楽しい時間でした。


9の日

本日も、二つ目の納品。アトリエに作品を受け取りに来てくださった。昨年まで米農家をされていて、立派なお米をいただき、感謝です。ご友人の出産祝いのためにということで、想いを反映できそうな作品を選んでくださった。その後、近所のたおさんで昼食。こちらに、お客さんを、お連れすると、どなたも、このお店のおいしく、気持ちいい料理にみんな笑顔になります。 そのあとは、搬出後に、片付けきれていなかった残りの画材などの整理。夕方に、別の来客があり、そのあと、軽く夕飯を済ませ、軽く事務作業。ひさしぶりの日常に降り立つ。ふ〜🐡💫❣️

みなさま、ステキな明日を〜🌞❤️

今日は、展示初日。朝からたくさんの方に、お越しいただいた。ライブペイントならぬ、もっとゆるい?笑、ライフペイントをしようと思っていたけれど、、結局、みなさまと、生き生き、話すことができる貴重なときを、楽しむ一日でした。 一応、手前の蝶が、画面にあらわれた。

目が、目を入り口に、(画面を)つきぬけて、(突き破って、)別の次元につながっている  一見ファンキー、実は、とてもフライジャル ぎりぎりの均衡

たくさんの言葉に、生かされる。たくさんの声が、息づいていく。感謝感謝。深い感謝。

お世話になっているご家族に、やさしいお店での夕飯をご一緒させていただき、魂の語らい。心休まるひととき。また、深く感謝。

みなさま、ありがとう。

みなさま、ステキな明日を〜!😌🌟💓

搬入日記2

朝9時過ぎ頃、一緒に出展する作家のお方とともに、会場入り。順次いろんな作家さんの絵や陶芸、作品が到着する。自分の暮らす地域で、いろんな方々が、それぞれの想いで、表現の情熱を、その魂のままに、あらわしている。 その地域に息づいている、世代や、性別を超えた、いろいろな固有の時間が、ひとつの空間にあつまる。とても、とうとい気持ちになります。

一つひとつの作品が、そこで映える辺りを、みんな探りながら、空間が、徐々に姿をあらわしていった。夕方頃には、ほとんどが、それぞれの位置に着きました。

ちょっと近所の温泉に入り、近所のケーキ屋さんで、おいしいケーキと、紅茶をいただいて、笑、帰途に。明日から、本番。2日間、芸術の神さまに、見守られながら、よきときに、なりますように。

みなさま、ステキ明日を〜😌❤️
搬入日記📝

今日は、朝は雨が強く降っていたけれど、午後から、日差しがでて、ぽかぽかと暖かい陽気になった。 片付けを軽く済ませ、白龍の画面を固定するための補助的な木枠の作製。搬入のための作品と画材を調えて、アトリエ全体を軽く掃除して、一度、海に散歩。 

夕方、近所の友人に手伝っていただき、現場へ。 想像よりあっという間に、時間は過ぎたけれど、途中!芸術の天使が微笑んでくれて、無事に、大方の設営完了! いつも、手伝ってくれる友人に、絶大な感謝。 帰宅して、遅くなった展示のお知らせをして笑、なんと友人の家族が夕食を準備してくださり、まことに、深謝です。ありがとうございます。ご馳走さま。

明日は、朝からフル稼働!みなさまも、ステキな明日を〜!🐡💓

今日はこちら、午後からとても暖かかったです!そして、最近は、ふくの絵を、ひたひたと描き足す日々でした!笑

描けば描くほど、なんだか、笑える仕上がりになり笑、今年の合言葉は、笑福!の身としては、これは、福笑い?とか、おたふく?ふくじら?云々、ぶつぶつ言いながら、楽しく描きました!笑。

参加者のみなさまが、描いたところは、描いたまんま、塗り重ねなども一切せずに、ただそのままに在ること、を心がけながら、描き足していきました!🐡❣️

そして、今週末、自分の住んでる隣町の、川棚温泉で、こちらのふくの絵と他数点で、展示に参加させていただきます!みなさま、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださ〜い!ではでは、今日も、よき夜を〜🥰🌟

「人」の「かたち」展
日時 2021年2月6日(土)10:00-17:00
                       2月7日(日)10:00-16:00
会場 川棚の杜・コルトーホール
主催 豊浦地区まちづくり協議会

※緊急事態宣言などもあり、ご来場を、山口県内在住の方に限るということになったということで、まことに、申し訳ない気持ちですが、どうぞよろしくお願いいたします!
創作メモ

そうだった そうだった このからだは、ひとびとのために つかうものだった 胸の痛みが教えてくれたこと

意識📝

昨日の、あれとこれ(二元)は、きちんと和合して、三元目があらわらる。二元の世界と向き合うとき、通過していくとき、これこそがあれなんだと、仲良くすると、あるいは、そっと、状況を見守ると、ずっとまえからそうだった、みたいに、懐かしいものがあられわる。ずっとあった想念が出てくる。初めてあう想い出。
ふくの目のふちどり。これはすごく彼をあらわす。彼?彼女?どちらでも笑。そのものらしさ。固有性。 らしさって、あまりに自然に溶け込んでて、だから、「らしい」になるのだろうけれど、その「らしさ」に、はじめまして、をできた時、ようやく、その存在の芯に、すこし近づける気がする。ただひとつの愛おしさ。(それが宇宙につながる穴かしら。これはまた続編という感じ笑) 「らしさ」がその姿になるまで、いくつものシーン、経験が織り重なっているから、「らしさ」に触れるまで、いくばくの時間の膜を、ふわふわと透過して、ある瞬間、最初からわかっていたような懐かしさで、しかし、初めて、その存在の「らしさ」があらわれて、しみじみ感じる。
会場の構成に、昨日受けた提案から、今日の流れに沿って、一応の着地点がみえた気がする。ふくの絵も。笑 そうそう、こんな感じ、というのは、いつでも、懐かしく、心地よい。なのに、まるっきり初めてで、新鮮なのだ。

みなさま、ステキな明日を〜👀💞